雑記13

買い物、もしくはショッピングというものに対しての自分の感覚がズレていることに最近気づいた。

 

自分はネットショッピングというものをほぼ、というかもはやまったく使わないのだけれど、どうやらそれはいわゆる「普通」ではないらしい。

 

その理由というのは簡単で、欲しいと思ったものに対して「ただ待つ」という行為が苦手なだけだ。欲しいと思ったら、自分から迎えに行きたいし、持ち帰っている時間でさえ楽しいのが好きなのです。

 

せっかちと言えばそれまでなんだろうけど、実物を見てから決めたいし、迎えに行く時間、買う時間、家まで持ち帰る時間、という体験そのものが楽しいと思っている。仕事から帰ったら届いている、というのは便利だけど、不思議なもので損した気分になるのだ。(特に本はそうで、帰りの電車の中で読むのが一番楽しい。)

 

それは嗜好品についてでしょ、と言われることもあるが食品や生活物品に対してもそうだ、ネットで良くわからないなにかにおすすめされたものをただ買うより、スーパーに寄って、そこにある「最もいいもの」を目利きすることの方が楽しい。

 

本当に単純に言えば「生活の主導権を握りたい」ということに尽きると思う。

所帯じみていても、美しくなくても、「生活」という営み自体が尊い、と信じているので。

 

というか、人間なんてものは常に美しく、他人から見て羨ましい日常を送る必要なんてない。

醜くて、愚鈍で、他人に見せられないような生き方を表現できる場所がないなんて豊かじゃないと思う。

 

最近オンライン会議アプリなんてものが出てきて、家の中まで他人の目が入るようになってしまった。

こうなってしまったらどこで屁をこいて、腹を掻けばいいのか。

 

時間で住まい方を分ければいいじゃないかというかもしれないが、「いつ呼ばれるかもわからない、いつでも呼ばれるかもしれない」という状況で真に油断できる空間って生まれるのだろうか。

 

あと密かに怒っているのが、「顧客データ」というものに対してだ。僕たちの生活が簡単な数字に還元されてしまっている。

何かを購買するということって、必ずしも確実な目的があってのことじゃない。

別に購買に限ったことじゃない。

 

人の行動がデータに還元されてしまう今の時代において、「目的もなくする行動」の価値はもっともっと上がっていくと思う。経済的な価値ではなく。主体的な、満足度的な価値として。

 

あと、これは余談だけど、シェアの時代になったからこそ、個々人が本当に良いなと思うもの、好きなものは秘密にするようになると思うのです。

じゃないと面白くない。少なくとも僕はそうです。つまらない人間と言われようとも、本当に良いなと思ったもの、好きなものは好きな人たちにしか伝えません。めんどくさい人間だな。

 

また酔った勢いでとりとめもない文章を書いてしまった。

写真撮ったらまた上げますね。

雑記12

こんな状況になって、最近強く思うのはやっぱり人は変わり続ける存在なのだなということだ。

そんな至極当たり前のこといつまで言い続けるのだろう自分はとも思うが。

 

 

昔の雑記で、「冬は自分の輪郭がはっきりするから好きだ」なんて言ってましたが、人間含めて生きている生物というものは輪郭を持たないのだろうなとばかり思う。

好きな漫画家にpanpanyaという人がいるが、その人の漫画は動くもの(すなわち生きているもの)は非常に簡略化された、デフォルメされた表現なのに対して、ひとりでに動かないもの、すなわち石とか、看板とかそれこそ建物とか、、、はものすごく詳細に書き込まれた表現なのだ。

それだけでも魅力的で、動くものというのはどうしたって輪郭がさだまらないものなんだなというのが端的にわかって清々しい。

 

 

画面の向こうの人と話すのは非常に疲れる。

オンラインのおかげで物理的な距離をジャンプしてその人に会える、と言ったってそれはただ自分の部屋でジャンプして塀の向こうのあの人と一瞬目があってまた自分の部屋に着地するだけの虚しい連続跳びみたいなものだ。そりゃ疲れる。

会って話せば五分で終わる話が延々と繰り返される。

 

他愛もない話がしたい、街で偶然人やものに出会いたい。ブレている輪郭とその回りで振幅している空間を見たい。

結局、画面の中の人は画面の中の人でしかなかった。

友達と話ができるのはうれしいけど。

 

みんなもそうおもっていて、すべてがまた良くなったら「集まること」や「会うこと」に時間を費やすようになれたらなとおもう。

今のこのままでいいと思うひとが多かったら、僕は悲しい。

 

とりとめのない文章だな。

雑記11

人生というか、記憶というものが断片的であるのは救いなんだなと思う。

人は今までの自分の人生というものをなにかと一つのずっと絶え間なく続いてきた物語だとおもいがちだけれど、おそらく実際は断片的な思い出でしかなくそれを頭の中で再編集しているのだけなのだろうな。

 

 

僕は花を飾るということをしないし似合わない人間なのだけれど、この前満開の桜道を歩いていたら剪定をしているおじさんたちがいて、花がまだ咲き誇っている枝を切り落としてしまっていた。

なんだか少し寂しく思った僕は、断ってその枝を3本ほど持ち帰って水差しに生けた。とても綺麗で家のなかに春が吹き込んできたようで、当初はうれしかった。でも毎日その姿を見るたびによりもっと寂しい気持ちが募ってしまった。新緑の若葉の芽吹いてきていたのに。

枯れゆくしかない植物を見るのは心苦しい。いくら綺麗でも。

 

 

仕事にはまだ慣れない、から足りない頭がいっぱいになって普段の発見やら考えていることの密度や深度がなくなってしまった。もうちょっと慣れたら両立できるのかな。

雑記10

昨日、修士論文が正式に受領されてめでたく合格となりました。

 

まあなんとかなった、、、というのが感想で、論文としてはひどいものを提出してしまったなと反省しています。

ひいひい言いながら学校に泊まり込んで、焦りと後悔で胃がなにも受け付けず、昨日体重計に乗ったら5kg痩せてました。

論文ダイエットですね。

 

自分は研究者は向いてないんだろうなあとわかった1年(というか1ヶ月)でした。

インプットした情報とか、データ、図面が面白くて仕方なかったんですけど、それをアウトプットとして論文という形にするのが本当に苦手みたいです。

真にドライに文章が書けない……ストーリーに乗せて「かたち」にする想像はできるのに……

それでも「博士課程になんで来ないんだよ」と言ってくれる助教さんや、「どうせまた何か知りたくなってこっち(アカデミック)に戻ってくるだろ、おまえは」なんて見放さずに言ってくれた先生には感謝しきりです。

 

でも、どんどん設計欲が高まってしまって、それでもできないのが精神衛生上あまりよろしくなかったです。

研究のテーマ自体は面白かったんですよ、ほんとに。

論文としては本当になんだこれはというものを書いてしまいましたけど、自分の知識は増えたし、やっぱり設計が好きなんだなとわかっただけやった意味があったし、有意義でした。

 

ということで、博士課程には行かずさっそく今日から希望の事務所で修行というか、仕事を教えてもらっています。

まだトライアルですけど……

とても忙しくなると思いますが、自分が考えたものや描いた図面が実際に「モノ」として立ち上がるなんていうとてつもない喜びがあるのでやりがいしかありません。

嘘です、不安もあります。自分がちゃんと仕事として建築をやっていけるのか。まあでもたぶん自分は建築と設計がとても好きなので大丈夫なんだろうなって無根拠に思い込んで頑張る所存です。

 

禁欲していてカメラも触っていなかったので、久しぶりにカメラ片手に撮りまわろうかなと思ってます、もうそろそろ春ですしね。